Our STAFF
社員紹介
奥村 祐美 Yumi Okumura

第一設計本部 第三設計室
2011年入社
理工学部 情報テクノロジー学科卒
自らの着想を製品に結実できるくらいの
実力を備えるエンジニアになりたい。

壁を乗り越え、エンジニアとしてのスキルアップへ。
組み込みエンジンのソフトウェア設計を担当。主に複写機のソフトウェア設計を手掛け、最近ではスキャナのソフトウェア設計も行なっています。スキャナチームでは、画像サブシステムを担当しており、画像を加工したり、保存や転送を行ったりする機能の設計に挑んでいます。具体的には試作機にプログラムを実装して、評価を行い、レビューを繰り返しながら、改良を重ね、完成度を高めていく仕事です。
いちばんの難しさは、求められる“画像の質”を再現するためのトライ&エラー。かなり繊細なクオリティを極めなければならないので、苦労しています。でも、このハードルの高さは歓迎すべきもの。なぜなら、これを乗り越えればエンジニアとしてのスキルアップが果たせるからです。
複写機の製造工場での研修が、今に活きる。
新人時代に、複写機の工場ラインに入って、実際に組み立てなどの作業を行なった製造研修が印象に残っています。ここで得たことは「組み立てやすい、製造しやすい部品設計とは?」という意識が身についたこと。製品ができるプロセスすべてのことを考え、自らのミッションと向き合わなければならないことを学びました。私はソフトウェアの設計エンジニアですが、この経験があったからこそ、常にユーザーオンテッドの視点に立ち、最終的に利用するお客様のことを考え、仕事をするようにしています。また、私の日々の心がけは“美しいプログラミング”にこだわること。誰が見ても明快にわかる“標準化”を意識した設計をするようにしています。
いつか開発プロジェクトを主導するリーダーへ。
現在は、仕様に基づき設計・プログラミングをする立場ですが、将来的には上流工程において、問題解決のためのアルゴリズムを考え、それを制御仕様に落とし込み、さらには開発プロジェクトを主導できるリーダーになりたいと考えています。当面の目標は、スキャナに関する知識と開発ノウハウを深めること。その後は、システムに組み込まれる一機能としてのスキャナではなく、単体としても世界に認められ、ビジネスになる、そんな展開を支える存在になりたいと思っています。 個人的には、大学時代に顔認証技術の研究をしていたということもあり、その関連領域での開発プロジェクトが動いたら、ぜひリーダーに立候補したいですね。
私の究極の夢は、自らの着想を製品に結実できるくらいの実力を備えたエンジニアになることです。